I think they want to kill me: Salman Khan

By Afsana Ahmed Filmfare Online Aug 22 2002
Salman Khanは、ボリウッドで失敗したからハリウッド映画Marigoldに出るという人の意見を否定する。
「もしそうだとしたら、ほかのスターだってラッキーになっていたよね。」彼は言う。
「僕は陳情しないし、エージェントも雇わないし、外国の雑誌のインタビューやショーもやらない。アジアのコミュニティーのほうがもっと大事なんだ。」
報酬の点からいうと、「とても豪華で、十分すぎるほどだよ」とKhanは確信する。映画売り上げの何パーセントかも受け取る予定だ。
おそらくこれは、人生が今ひとつであるなかでの、Salmanの輝く瞬間であろう。彼が言う、「暗黒街との関係、個人的な愛情問題、ブラックバックケース、公での無礼な態度、ステロイド・・・僕は人間だ。あといくつ非難されればいいんだろう。間違いはあるさ、でももうかなり僕はダメージをうけた。休みたいよ。」

実際は、彼が笑顔をみせるのは彼のファンの変わらぬ応援に対してだ。
「僕の友達や家族は僕が一番だと感じさせてくれる。でも僕は彼らが僕を安心させるためにそういうことを言うって知っているよ。
Khanは個人的な質問については不愉快になる。
Aishwaryaはミスワールドになった。彼女は名声を得た。彼女は頭がよいし、正しい決断をするよ。僕は生意気だし、冷たくて打算的で、僕の考え方は古い。彼女はしばらく独身でいるって言ったんだ。それがすべてを語っていると思うよ。彼女がいつか彼女のことを面倒見る夢の人をみつけてほしい。彼女は正しい決断をしたよ。でも、僕が愛してる人はずっと僕の心の中にいる。でも、もし自分にとって大切な人が自分のことを忘れてしまったら、それはつらい。でも僕はがっかりしないよ。

彼は暗黒街との関係を否定する。
「もし誰かが呼べば、僕は礼儀正しく答えるよ。」彼は説明する。「でも、その人がおかしな行動にでたら、僕も対処しなきゃいけない。彼らはここのところ僕を脅迫しているんだ。彼らは僕を殺したいんじゃないのかな。」
ここのところ暗い雲がたちこめるSalmanだが、彼はそれに立ち向かっている。
「誰も僕を作ったわけじゃないんだ。だから、誰も僕を葬れないのさ。」
Aug 22 2002